押すタイプの印鑑以外の認印

認印イメージ

実印での押印を求められるような場合は役場に届け出た印鑑しか使えませんが、認め印としてなら文字が刻印してあるものを紙に押すタイプの印鑑でなくても、押印と同じ効力を発揮するものとして使える印があります。

例えば指を朱肉につけて押す拇印や、認め印を持ち合わせていないときに姓を書いて丸で囲んだもの、つまり書き判というものなどです。
拇印は古くからあるもので、字を読み書きできない庶民が証文に墨をつけた指で押したりしていたのだそうです。
爪印とも呼ばれます。

そういえば時代劇で血判状なんてものも見たことがありますね。
書き判は、先述の例のようなものもそうですが、花押と呼ばれる普通の人にはあまり馴染みのないものもあります。
「押」という文字が入っているので紙に押すのかと思いますが、この押の字には「署名」の意味があるそうです。
押すものと書くものを区別するために、押すものは印判、書くものは書き判というのです。
また書き判は押すではなく「加える」と表現するようです。

花押は平安時代に、草書体の署名をさらに書き判として見栄えするように進化させ流行していったものです。
戦国武将たちの花押が資料として残っているのを見ると、昔のもののように思えますが、実は現代でもれっきとした印鑑として使うことができます。
花押は単に姓名を書けばいいというわけではなく、文字同士を組み合わせたり、その上で美しく整えたりと作る段階から普通の印鑑とは勝手が違います。
自分の花押というものを持っていれば使うことはできますが、よほど教養の高い人でもなければ、花押を作ろうという発想がまず無いと思います。

〔おすすめサイトピックアップ!〕

業界では群を抜く高品質な印鑑をご提供!
最短即日出荷対応!確かな技術でハイクオリティな商品をお約束いたします
最高級の印鑑を安心価格で

ページの先頭へ