印鑑と試行錯誤の時代

印鑑イメージ

10月1日はハンコ印章の日です。
ちゃあんと全日本印章業組合連合会に正式に定められています。
全日本印章業組合連合会というのは、印章業者の唯一の公式団体です。
なぜ10月1日なのかというと、1873年のこの日、ハンコ印章が市民権を得る制度が政府によって施行されたからです。

1873年といえば明治6年。
それまでも印鑑は存在していましたし、使われてもきました。
しかしこの日までは、公式書類には署名と押印をしなければいけないというはっきりした法律上の決まりごとはありませんでした。
この取り決めはつまり実印制度です。
実印制度ができたということは、役場に印鑑登録をするというシステムもこのときできたということです。
もっとも各地の有力者がその地域住民の印鑑を押印したものを集めて保管しておくという形式は以前からすでにあったようです。
その後、印影簿の保管義務が庄屋などの有力者から自治体の長、市町村の役場へと移り変わっていったのですね。

当時は字を書くことができない人もいたので、署名は代筆でもかまいませんでしたが、押印は本人の実印で成されなければいけないという決まりでした。
実印制度はできたものの、その後も照合の効率化の問題など試行錯誤の時代が続き、印鑑証明という方式ができるのはそのずっと後のことになります。
御守りやお札や針を供養する催しがあるように、印鑑にも供養のお祭りがあるのですよ。
印鑑屋さんはこの印章の日の10月1日前後に、廃印の供養のお祭りを行うところが多いです。
供養だけでなく社印などの繁栄祈祷もしてもらえたりします。

PR 便利サイトのご紹介

印鑑登録の仕方や印鑑証明の取り方、その他お役立ち情報満載!
はんこの情報サイトです。
http://www.easy888.co.jp/

ページの先頭へ