奥深い印鑑

  • RSS

印鑑といえばどんなものを思い浮かべますか?
もしくはハンコといえば?
あるいはスタンプといえば?
呼び方によって、受けるイメージもさまざまになるのではありませんか?
重大な契約に覚悟を決めて押したり、毎日の暮らしのなかで何気なく押したり、
誰かへのプレゼントに添えるカードに押して彩りを添えたり。
印や判や、その他いろいろの呼び方で表されるあの小さな事務用品は、意外と奥深いシロモノです。

印鑑雑学教室と題してありますが、印鑑という言い方は厳密にはハンコ本体でなく紙にうつった文字や形、
あるいはそのなかでも照合に用いるもののみを指すといわれています。
ただその元来の意味を離れて、ハンコ本体、
しかもどんな種類のものも幅広く総じて示すようになって久しいように思います。
ここでは幅広い解釈としてのこの言葉を使いました。
紛らわしいので紙にうつった文字や形のことは、このサイトでは印影と言うことにします。

印鑑は、法的な効力を持つものから、キャラクターのイラストのスタンプや、
芋判や消しゴムハンコのような手作りのものまで、さまざまです。
法的な効力や、きわめて重要な意味を持たない印鑑のことを、遊び印(遊印)といいます。
法的な効力、または意味というのは、本人確認および、押印した者の意思表示です。
押印はもちろん何かの紙、書類にするものですが、書面の内容に同意しますという意思を、
押印によって示したことになります。
その機能を果たすものは認め印と呼ばれ、銀行の口座開設に使えば銀行印、
役所で印鑑登録を済ませたものは実印と呼ばれます。

このページの先頭へ